気流乾燥機 風神

廃菌床 廃菌床をバイオマス燃料に

含水率の高い廃菌床も、乾燥させることで
バイオマス燃料へ生まれ変わります。

廃菌床

きのこの廃菌床は、きのこの種類や栽培方法によって、廃菌床の形状、原料、含水率などが違いますが、70%~80%の高い含水率の廃菌床でも安価に乾燥させることで、バイオマス燃料として活用ができます。乾燥させた廃菌床は、ボイラー燃料として自家消費することも、販売することも可能です。
弊社では、破砕、脱水、粉砕、乾燥、ペレット化、ブリケット化など一連の装置としてご提案が可能ですし、ボイラーの提案やペレット、ブリケットの買取も可能ですので、お気軽にご相談ください。

生産工程で発生する廃棄物を「気流乾燥機・風神」で乾燥化する事により、バイオマス燃料化が可能です。
生産工場や施設などで自家消費型の事業モデルを導入する事により、廃棄処理費用の削減、環境への負荷の低減につながります。

実例動画

群馬県の上野村きのこセンター様で、椎茸の廃菌床を連続乾燥している様子がこちらです。
乾燥した廃菌床は、現在バイオマス燃料として販売されています。

Youtubeで当動画を観る

当製品に関するお問い合わせ

テスト乾燥のご依頼・お問い合わせは、メールフォームよりご連絡ください。

メールフォームはこちら

環境エネルギー株式会社 東京営業所  TEL 03-3522-1150  FAX 03-3522-1155

直接担当者までお電話いただいても結構です。担当:村本(ムラモト)  TEL 080-3051-8777